【解説付き】『どんなハードな凌●を受けても口を割らない気高き女捜査官VR 大浦真奈美』の Spanking Profile

どんなハードな凌●を受けても口を割らない気高き女捜査官VR 大浦真奈美

※作品正式名は『どんなハードな凌●を受けても口を割らない気高き女捜査官VR ビンタ&水責め&スパンキング&電気ショック&媚薬注入…!特殊訓練を受けた女捜査官にVR史上最大の拷問ショック!! 大浦真奈美』です。

しりたたき本舗ラベル
VR作品
ひとこと紹介

2022年時点の、スパンキングVRの決定版です。作品説明に「アナタは組織のボスになって(拷問)参加!」とある通り、大浦真奈美女史の素敵なお尻を、ニホンザルみたいになるまで自分の手で叩きまくれる傑作で、VRの環境があるならマストバイの一品です。

目次

『どんなハードな凌●を受けても口を割らない気高き女捜査官VR 大浦真奈美』の基本データ

タイプ単体
メーカーWANZ
画質HQ VR
総スパ回数107 penpen
スパシーン分布2 シーン
スパシーン時間約 5 分

スパンキングシーン属性

ポジション属性

道具

スパンキーデータ

ペアリング

  • M / F
  • MM / F

ペアリングの見方

スパンキー

大浦真奈美

「人生ずっと真面目に生きてきました。でも今日だけは悪い子になります…。」 本物女教師人生で一度きりのAVデビュー 大浦真奈美

『「人生ずっと真面目に生きてきました。でも今日だけは悪い子になります…。」 本物女教師人生で一度きりのAVデビュー 大浦真奈美』より

『どんなハードな凌●を受けても口を割らない気高き女捜査官VR 大浦真奈美』のスパンキング詳細

スーツいいですね。(極めて個人的な好み)

ボスであるあなたは、真奈美さんの大きな目で、作中ずっと睨まれ続けます。

こんなことじゃ私は負けない! お前らの好きにはさせないからな!」

と叫び続ける強情な潜入捜査官は、ボス自らおしりをひっぱたいてやる必要がありますね。

この作品は、ディシスパでもありません。拷問です。メイド・イン・ジャパンとしてはちょっとだけハードな方です。真奈美さんのお尻は、真っ赤になります。

スパシーンは、大きく2つ。

Part.1 おまけのようなass slap

こちらは真奈美さんが悪の組織に捕らわれた直後。手下がボス(視聴者)に、アナルに何か隠している物がないか、を調べるようお願いしてきます。

上半身はスーツで縛られて、下半身は裸で尻をこちらに突き出してベンド。いい感じのシーンとなっています。真奈美さんのお尻も、ぐいぐい脇から手で押さえつけられることで、もちもち感がダイレクトに伝わってくるおまけつき。

さて、お尻も反抗心も丸出しでガウガウ吠え続ける真奈美さんに、手下は尻をビシビシ平手で叩いて黙らせようとします。まあ、2発だけですが。ただ、「VR史上最大の拷問」をタイトルに入れている決意からも分かりますが、本格的な物を作る気合が全編通してあり、見ていて寒くない、きつい平手を喰らわせてくれています。

Part.2 メインの全裸吊りスパンキング

直前の電気ショックによる変顔大会 拷問シーンの全裸&片足立ち吊り状態から、地続きでスパシーンに入ります。左足を軸にピボットターンをさせられて、吊られながらも裸の背後を見せる真奈美さん。

セックスVRと考え方は同じですが、ボスの手だけ画面内に現れて叩きます。自分も一緒に手を動かしてもいいですし、映像に集中してもよいです。

流れは以下の通り。

ステップ
手下によるウォームアップ

手下が平手で7発叩いた後、「ボスどうぞ」の声がかかる

ステップ
ボス(自分)参戦

13発のおしり連打で、一気に真奈美さんの双丘は真っ赤に。

いや、ボスのハンドスパがめちゃくちゃ上手いです。マンガの攻撃描写みたいな鮮やかさがあり、正直びっくりしました。やっぱりおしりペンペンの技術も、悪の組織の統率には必要なのでしょうか。

ステップ
ハンドからバラ鞭打ちに移行

ここで手下が長めのフロッガーを取り出し「ボス、やります?」と聞いてくる。そして、聞いておきながらも、なぜか自分で叩き始める。なんだよこいつ、東京湾に沈めてやろうか?

フロッガーは計85発。途中からボスも参戦する。

手下のフロッガー、ちょっと長くて気になってしまうのですが、ボスのやつは短い通常サイズ。恐らく、ボス視点の撮影を遮らなくて済むよう、横から少し離れて叩けるように長めなのでしょう。長いとはいえ、しっかり尻尾を制御下に置いて、がっつりお尻を叩いてくれています。GOOD!

さらに、極めつけ。最後にボスが立ち上がり、真奈美さんを見下ろします。(多分ボスは2mくらいある巨漢です。流石ボス)このアングルもとてもよいです。片足と両手ををつるし上げた状態で、キーさんに背後を向けさせ、それを俯瞰した状態で顔だけこちらを見上げさせると、顔とお尻が見える状態で全身がコンパクトに収まるんですね。

全体を通して優秀なシーンであります。真奈美さんの吊られてる足が、少しうっ血気味なのがかわいそうですが(お尻はかわいそうではない)、それを含めて、拍手を送りたいです。

VRの場合、ずっと強情でいてくれる方が気兼ねなく没入しやすいですね。これが「痛いです、助けてください!」みたいな感じで号泣されてたりすると、ちょっと自分じゃ鞭打ちにくくなる……

そのあたりも計算だとしたら、WANZさん、やりますね。

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる